【7月の養生(2)夏にカラダのメンテナンス】7/12配信メルマガ

(2) 夏にカラダのメンテナンス

前回のメルマガで 「夏は冬に傷ついたカラダを修復する季節です」 とお伝えし ました。

これ、イメージ湧きますか?


冬は気温が低く寒いので、交感神経が優位になり、 体温を維持するために食べた物や

カラダに蓄えているものをどんどん燃やしてエネルギーを生み出し ています。

また体内での燃焼に加え、冬は空気も乾燥していますので、 さらにカラダの潤いも

失われがちです。

燃焼=酸化。 カラダの酸化は…つまり「老化」です

老化なんて言われるとドキッとしてしまいますね(笑)。

このように、 冬は寒さと乾燥でカラダが傷つきやすい季節 です。


しかし夏は、気温も湿度も高いので、副交感神経優位になり、 カラダは酸化しにくく

なります。

そして 副交感神経が優位だと免疫力も高い ( リンパ球がたくさん出ている)状態なので、

冬に傷ついた細胞を修復したり、 ガン細胞やウィルスを排除したりする働きが高くなり

ます


逆に冬は免疫力が下がります。

風邪やインフルエンザなども夏より冬のほうが流行しますよね。


しかし、夏にずっとエアコンの効いた部屋にいたり、 冷たい飲食物ばかり摂っていたり

すると、 カラダは冬の状態に逆戻り してしまいます。

せっかく夏の暑い時期にカラダのメンテナンスができるのに、 これではもったいない!


たしかに夏の暑さと湿気は不快です。 最近の夏は毎日のように猛暑日が続くようになり、

エアコンを全く使わないのは熱中症の危険もあります。

しかし 冷やしすぎは禁物 です。


エアコンの 設定温度を少し高め にする、

職場などが冷えている場合は 羽織るものやひざ掛け などを用意して おく、

氷入りや冷蔵庫から出してすぐの飲み物ではなく、なるべく 常温 の ものにする、

冷たいものを飲む場合は ガブガブではなく少しずつ飲む

など、できるところから工夫をしてみてください。


このカラダの仕組みを知ると、 日本の蒸し暑い夏も少し感じ方が変わってきませんか?

「あ~、今カラダが修復されているんだなぁ」と思うと、 この暑さもありがたく感じる

かもしれません(笑)。

ぜひ、カラダのメンテナンスをしながら、夏を楽しみましょう!



* ୨୧ * …………… * ୨୧ * …………… * ୨୧ * …………… * ୨୧ * …………… * ୨୧ *

お読みいただきありがとうございました。

次回は「夏の過ごし方」というテーマでお送りします。

お楽しみに!



漢方養生アドバイザー ®   吉澤茜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です