【7月の養生 (1)夏は副交感神経優位】7/5配信メルマガ

(1) 夏は副交感神経優位

「自律神経」 という言葉、最近よく耳にすると思いますが、

一体どんなものなのか、どのような働きをしているか、 知っていますか?



漢方養生学 ® の話をする上で、 自律神経を知ることはとても重要です。



自律神経とは…

自分の意思とは関係なく、眠っている間も生命を維持するために、

24 時間休むことなく働き続けているもの
で、

呼吸、脈拍、血圧、血糖値、消化、体温調節、 免疫などカラダのあちこちで

様々な働きをしてくれています。



自律神経には、

昼間や活動的なときに活発になる 「交感神経」 と、

夜間やリラックスしているときに活発になる 「副交感神経」 の 2 種 類があり、

このふたつがうまくバランスを取りながら働いてくれています。



交感神経が優位なときは、血管は収縮し、血圧・脈拍・ 血糖値などは上昇し、

消化や排泄機能は抑えられます。

反対に副交感神経が優位なときは、 血管は拡張して血圧などは下がり、消化や

排泄機能はスムーズに働きます。



自律神経には 一日の朝昼夕で 周期的に変化するリズム がありますが 、一年を通して

考えてみると、 季節によっても変化 があります。



冬は気温が低く寒いので 、 体温を逃さないように血管が収縮し血圧なども上がります。

交感神経が活発に働いている状態 です。 また体温を維持するために、体内ではどんどん

燃焼してエネルギーを生み出しています。

反対に 夏は気温が高くなるので副交感神経が優位 に なります。 気温と体温の差も

小さくなり、熱をたくさん作らなくても良くなるので、 カラダにとって冬ほどカロリー

は必要なくなります。



しかし現代では、夏はどこに行ってもエアコンで冷やされていて、 夏こそ冷えに

気をつけなくてはなりません。
また氷入りの飲み物やアイスなども 美味しく感じ、

ついつい冷たい飲食物を摂ってしまいがちです。



カラダが寒さを感じると交感神経優位になり、 冬のような状態になってしまいます。

本来、夏は副交感神経優位で、免疫力も高いので、 冬に傷ついたカラダの修復をする

季節です。 カラダの外側も内側も冷やしすぎには気をつけましょう!



* ୨୧ * …………… * ୨୧ * …………… * ୨୧ * * ୨୧ * …………… * ୨୧ * …………… * ୨୧ *




お読みいただきありがとうございました。

次回は「夏にカラダのメンテナンス」 というテーマでお送りします。

お楽しみに!



漢方養生アドバイザー ®  吉澤茜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です