漢方養生アドバイザー®の活動報告

2019年10月11日(金)

認定アドバイザーの岡田ルリ子さんが講座を開催されました!

秋の漢方養生講


1、・秋の特徴→燥邪、寒邪、七情(悲、憂い)について・体が発する症状は?→肺経(咳)、皮膚(カサカサ)、大腸(便秘)に影響が出る
・対策としての養生旬の食材蓮根、山芋、きのこ、梨、栗、銀杏(咳のタイプによる)体質のちがいの見極め方など
担当講師 栄養士・認定漢方養生アドバイザー岡田ルリ子

2、秋の快眠ポイント・夏の快眠のおさらい眠りのしくみ体のリズム声)エアコンの使い方27~28℃設定フルタイマーで快眠できた。
・秋は快適な快眠の季節寝具について、灯り、照明など眠りの導入の準備とリズムのお話
担当講師 睡眠改善インストラクター鍛治  恵

参加者3名

感想・気持ちのコントロールとこの時期に必要な食材早速孫に伝えます。
・お世話になりました。新たな知識をいただいていますよ。次回が楽しみ‼️
・自身と娘が冷え性で外からの冷え対策はしてたけど、、食材で対応してみます。
鍛治恵先生より

るり子先生のパートの方は、秋の乾燥対策が具体的なレシピとともに学べていると思っています。私自身スゴく身に付きます!皆さんの雰囲気は、年代、お仕事様々なので、色んなケースがあり、普段の「よい」習慣はよいと認めてシェアしていける雰囲気があってよいですね

楽しく無理なく参加→実践が出来ることを目的にそして、各々に少しでも結果が出ること目指しています!

漢方養生アドバイザー®スキルアップ講座を開催しました!

2019年10月1日(火)9:45より漢方養生アドバイザー®スキルアップ講座を開催しました。

講座の前半部分を当NPO法人理事、鍼灸師、認定漢方養生アドバイザーの米谷先生より、ツボや経絡の話をいただき、後半部分は当NPO法人代表理事である小野満先生より、いつもより深い養生の話を聞かせていただきました。

この講座はより密度の高いものにしていきたいと考えています。皆さん、日頃からの養生に関する疑問を、是非小野満先生にぶつけに来て下さい。

ご自身やその家族、クライアントの健康を守るためにこの機会を存分に活かしていただければ思います。

次回は、2020年1月21日(火)に開催予定です。

講師は睡眠改善インストラクター、睡眠文化研究会事務局長、認定漢方養生アドバイザーの鍛冶恵先生に、

「今年こそぐっすり!」~睡眠と食事から見直す健康生活~

というテーマで前半部分をお話いただきますので、都合を合わせて是非ご参加ください。

漢方養生塾~小金井教室~を開催しました!

2019年9月18日(水)9時45分より漢方養生塾を開催しました。

2か月ぶりの開催で朝から10名上の方にご参加いただきました。

講座の前半を薬剤師で認定漢方養生アドバイザーの吉澤茜先生に『現代漢方養生学』のテキストに沿ってお話しいただき、後半を当法人代表理事である小野満先生より「秋ばて、不眠」についてお話しいただきました。

皆様の健康増進に漢方養生学®の知恵をぜひ生かしていってほしいですね!

漢方養生アドバイザー®の活動報告

薬剤師、漢方養生アドバイザー®の吉澤 茜です。

9月4日(水)、第7回漢方養生セミナーを開催しました。
夏休みをはさんで2ヶ月ぶりの開催でしたが、初参加の方4名を含む12名の方が参加してくださいました!

9月に入り、残暑の厳しい日もありますが、朝晩は涼しくなってきました。
気温差もあり、夏の疲れが出ている方もいるかと思います。

まずは、自律神経のリズムとバランスを整えること。これがとても大切で、基本となります。

そのための上手な食事のとり方、食材の選び方、1日の過ごし方などを漢方養生学®ではわかりやすくお伝えしています。

またその季節にあわせて、季節ごとの養生法もお伝えしています。
日本には四季があり、季節によって旬の食べ物も違ってきます。またご自分の体調に合わせて、食材や調理法を選ぶことにより、食事で日々体調を整えることができます。

ぜひ漢方養生学®を学びながら、笑顔で健康な毎日を過ごしましょう!
次回は10月9日(水)10時から、日野市 勤労・青年会館で開催しますので、ぜひご参加お待ちしております。

漢方養生学®セミナー~宮廷料理の会~

〜漢方養生学®と宮廷料理〜
2019年9月1日(日)、今月も、行徳のPRIVATE CHEF’S STUDIO 山岡 にて開催されました。小野満先生よりこれからの季節の養生についてお話をして頂き、その後 究極の料理人 山岡洋先生のお料理を頂くこの会、もう80回も開催されています!
9月に入り、少しずつ朝晩は涼しくなってきました。まだ暑い日もありますが、冷たい飲み物は避け、薬味などを上手く使いながら胃腸を冷やさないようにしましょう。五行では秋は、肺・大腸・皮膚・悲・辛・白などと関連があります。肺の氣が足りない人は補うものを、逆に氣が高くなり過ぎている人は冷ますものや陰を補うものを摂ると良いです。そしてスポーツの秋、身体をたくさん動かしましょう!
山岡先生のお料理はひとつひとつ丁寧に仕上げられ、どれも最高に美味しく、お腹も心も満たしてくれます。
毎月第1日曜日に開催されています。毎月すぐに満員になってしまうので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください!

漢方養生アドバイザー®の活動報告



当法人理事で鍼灸師、認定漢方養生アドバイザーの米谷友佑先生の活動報告です。

今回はスポーツクラブにて漢方養生学®に基づいたレッスンを行われました。

以下、米谷先生のコメントです。

参加者の方は今までの常識とは違う話に驚かれていた様子でしたが、それだけに伝えていかなければならないと痛感しました。

とのことです。

自分の身は自分で守る。そういう感覚を多くの人が身に付けられると良いですね!



漢方養生塾~小金井教室~を開催しました!

2019年7月17日(水)午前中に小金井市市民会館で漢方養生塾を開催しました!

講師の吉澤先生は、地元でも漢方養生学講座を開催されています。

少しずつですが、漢方養生の輪が広がっています。

先人の知恵を皆さんで伝えていきましょう!!

漢方養生アドバイザー®の活動報告

薬剤師、漢方養生アドバイザー®︎の吉澤茜です。


2019年7月3日(水)、第6回漢方養生セミナーを日野市勤労・青年会館で開催しました。


梅雨で毎日ジメジメ、寒暖差も激しいこの季節。お子さんやご自身が体調を崩されている方も多く、今回は欠席の方が多かったです。


今回は梅雨の養生を中心にお伝えしました。
この時季、とにかくやっかいなのは湿気ですね!人間も自然の一部。当然まわりの湿気の影響を受けます。身体が重だるくなったり、むくみやすくなったりしませんか?


湿度も暑さも不快ですよね(^^;;するとエアコンをつけて、冷たい物を飲みたくなると思いますが、、、、


ここは漢方養生学®︎を学んで、上手に水分や食事を摂って、元気に不快な時季を乗り切りましょう♬


そして今回は、質問タイムを今までより長く取ってみました!
やはり問答するのはとても勉強になります。ただ私が一方的に説明し続けるだけでなく、他の方の質問や講師とのやり取りを聞いて頂くと、他の方の勉強にもなるのです♬活発に意見が飛び交い、とても盛り上がりました!これはこれからも続けて行きたいと思います。


来月は夏休みのため、次回は9月に開催予定です。今後もひとりでも多くの方に漢方養生学®︎を伝えて行けるように頑張ります!

漢方養生アドバイザー®の活動報告

薬剤師、漢方養生アドバイザー®︎の吉澤茜です。


2019年6月5日(水)、第5回漢方養生セミナーを日野市勤労・青年会館で開催しました。


今回は、睡眠改善インストラクターでもある鍛治恵先生にゲスト講師として来て頂きました。


睡眠のお悩みを抱えている方は多いようで、今回は14名もの方が参加してくださいました!


漢方養生学®︎のお話が初めての方もいらっしゃったので、まずは漢方養生学®︎とは何か、自律神経のリズムとバランスを整えるには、などの基本的なお話を私からさせて頂き、後半部分を鍛治先生に担当して頂きました。


睡眠チェックシートを用いて、ご自身の睡眠や生活習慣などをチェックしてから、睡眠に関する基礎知識や快眠のためのポイントをお話してくださいました。
お肌のゴールデンタイムってほんと?睡眠のリズムは90分サイクル?平日睡眠時間が足りない分、週末に寝貯めしてるけど…?
など、いわゆる「都市伝説」のように世間で言われていることを、わかりやすく解説してくださり、皆さん初めて聞くこともあったようでとても勉強になったとのお声をたくさん頂きました。


夏の快眠には、夕食に食べる物もとても大切です。身体に熱を持っている状態ですと、寝付きも悪く睡眠も質も落ちます。ぜひ身体の熱を冷まし、消化の良い物を食べてくださいね。

漢方養生アドバイザー®の活動報告

薬剤師、漢方養生アドバイザー®︎の吉澤茜です。


2019年5月8日(水)、第4回漢方養生セミナーを日野市勤労・青年会館で開催しました!8名の方が参加してくださいました。


今回は食事、食べ物の話をを中心にさせて頂きました。
健康に過ごすための食事の摂り方、また食物の五味・五性や調理法、薬味についてなどです。


ヒポクラテスの格言にも、「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」というものがあります。まさに「薬食同源」ですね!


西洋栄養学とはまた違った東洋営養学。素晴らしい先人の知恵が活かされている和食は、まさに薬膳料理と言えます。ぜひ日々の食事に取り入れて健康に過ごしたいものですね!